VIPPRE 今日ガチでホモな方々の怖さを知った 後編
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日ガチでホモな方々の怖さを知った 後編

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:34:17.00 ID:Jrw3f/bl0
「えー」
と。仲間内からは大ブーイング。
だが、たぶんこのひょろ②は新参なのだろう。

「ちょっと、トイレに行くだけでいいから。その間にその気にさせる」

・・・・・。・・・・・!!!
なに?なんだって?いまなんつった?

それを聞いて仲間うち狂喜。
どうやら、こいつは戦略に長けていることで一目置かれているらしい。
「お前の最強戦略を見せてみろよ」
とか言ってるから。そうだろう。

もしかして、さっきのは公明?とかまじで不安になってくる。
とりあえず、肩にてを置かれて、廊下にでる。
「もちろんうそだよ」
ここですこし泣いた。

スッと差し出されたヴィトンのハンカチがさらに涙をさそう。
「逃げよう」
「はい」
と、二つ返事げ逃走を決意。
ちなみに荷物はもうあきらめようと思っていたが、このひょろ②が自分のバックにいつの間にか入れていた。


338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:37:42.73 ID:Jrw3f/bl0
ひょろ②は金持ちらしい。
ヴィトンのハンカチはもってな。って言われた。
ちなみに「精算すますからちょっとだけ待って」って言って1万置いて、足りなかったら、後から来るやつに。
とか言って、お釣をもらわず、カラオケショップを出る。

だが、俺は忘れていた。
201号室が出口の真上にあること。
さらにさっきトイレについてきたのは筋肉二人だけだったのに、最終的には4人になっていたこと。

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:42:06.84 ID:Jrw3f/bl0
ドスンドスンドスン。
後ろから地響きが聞こえます。

後ろが怖くて見れない。
何か冷静ながらも怒気を含んだ声で何か後ろから言ってる。
怖すぎる。
ひょろ②が、「はしって」
と、つぶやく。
俺、足は遅い。
100メートル17秒とか。陸上系は本当に無理。
でも走る。走る。
ひょろ②が俺の手を握ってくれてる。
ひょろ②早い。俺つまずく。抱きかかえられる感じで起こされて、カラオケから100メートルほど離れたパチンコ屋に入る。

そこで、状況を確認。
後ろから来るのは髭と筋肉2。
ひょろ①はこない。
筋肉こわい。こわすぎる。
鬼がいたら、たぶんこんなんって顔になってる。


まって。俺なんで怒られてるの?

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:45:59.45 ID:Jrw3f/bl0
そいつらは以外と頭がいいらしい。
黒筋肉が入り口で待機、残りの二人が探す。感じになってる。
俺とひょろ②は黒が見える一で隠れる。

黒筋肉は電話でなんかしゃべってる。
初めてはいったがパチンコ屋うるさい。
俺は耳がいいんだ。耳鼻科で人の倍はいいでしょうって言われるくらいいいんだ。
そこいらで、ひょろ①が駆けつける。

さて、どうしようか。

「こっち」
あなたについてきますよひょろ①さん。

417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:49:52.49 ID:Jrw3f/bl0
ごめ。最後のやつ②ね。

ひょろ②は従業員出口みたいなところに俺を連れてく。
そして玉持った金髪ピアスの兄ちゃんに止められる。
「ちょっ、なにやってんすか。ここは・・・」
ひょろ②はすっと一万を出す。
「えwwwもらっていいんすかwww通るんすかwwww。どうぞ」

ここまで本当のDQNも始めてみた。ちなみに本当にこのしゃべりかたをした。

んで、外に出るのかとおもったら、従業員出口なかくらい。狭い、汚い。
「大丈夫?」
「なんとか」
ひょろ②はでかくて頭ぶつけつつ俺の前に立ってくれてる。

そして、ようやく、外に出れた。

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:54:14.00 ID:Jrw3f/bl0
ちなみに出たところは、俺も初めて入る道路裏。
今自分がどこにいるかわからない。

そして、俺はここで本当に自分が馬鹿だと言うことを思い知った。

携帯、が、無い。

すぐに先に急ごうとするひょろ②をとめる。
「あの、あの」とかどもってると、「どうした?」ってすごいやさしい。
「携帯忘れてきちゃって」
と、言ったら一瞬固まったが、
「待ってて。動かないでね」
と一言。
「私、昔陸上部だった」
それだけ言うと、全速力で走り出す。

とりあえず俺はゴミ箱の横に隠れる。

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 22:57:55.59 ID:Jrw3f/bl0
そこで、恐怖の声が聞こえてくる。
「どこぉだぉらぁぁぁっ」
筋肉が怒ってる。
てか、DQN従業員出口通しただろ。
しね。氏ねとかじゃなく死ね。

まじで、怖い。本当に怖い。
でも、漫画に描いたような生ゴミを捨ててあるゴミ箱の横にうずくまるしか俺には出来ない。
荷物は全部ひょろ②の鞄の中。
みつかったら、抵抗するすべが無い。

「ここかおらぁっ!!」
黒筋肉でした。

なるほど恐怖で尿意を催すとはこのことか。
トイレに行きたい。

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:00:57.04 ID:Jrw3f/bl0
漫画好きであげたのはDグレとか黒執事とか。
正直腐女子が喜びそうな奴を上げたのは確かですが。

ガチで震える。ガチで歯がガチガチなる。
せめて武器でもあれば。とかまじで思う。

「いねぇのか?」
とか言ってる。
いねぇよ!!っていってやりたかったが、無理。
バンって俺の隠れてるゴミ箱に何かが当たる。
多分蹴った缶かなにか。

こっち来る。

538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:03:57.61 ID:Jrw3f/bl0
どうやら俺の髪の毛が見えてた模様。

「みつけたぞ。おい!!」
ゆっくり来る。
涙なのか汗なのか。いろいろ顔がまずいことになってる。
そして、そそり立つ黒い筋肉。
そして、なぜかやさしく
「いこっか」
ぽんって肩に手置かれた。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!
って言って、ポケットに入れた手を抜いた。

怖くて気づかなかった。
俺、愛用のペンだけ、ポケットに入れてたジャン。
それで、手を引っかく。
一瞬筋肉がひるむ。

逃げろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!!!!!!!!

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:07:09.59 ID:Jrw3f/bl0
俺逃げる。
図で書くとわかりやすいが、カラオケからこのパチンコ屋まで約100メートル。
で、裏に回る、そこから、また表に出る。
こんな感じで、カラオケからみえる位置に出た。
そうしたら、街中を疾走するひょろ②。
手には俺の携帯。

愛用のペンは落とした。そんなことを言っているばあいじゃないので、ひょろ②の手を取る。
そして、ひょろ②と一緒にまたパチンコ屋にはいる。
黒筋肉は細い通路で引っかかってて、すこぶる遅い


600 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:10:00.74 ID:Jrw3f/bl0
ひょろ②さすがに陸上部だと言ってもこの暑さ。
汗がとめどない。息はそれほど上がってなかったが。

とりあえず、そこで5分ほど待機。
その間に携帯のお礼を言いまくる。
「いいから。いいから」
と、本当にやさしい。

ここで、ひょろ②の携帯にメールが届く。
どうやらひょろ①のようだ。
「黒薔薇のメンバーみんな来るって。どっかに逃げないとちょっとまずいね」

五人じゃないんですか?

645 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:13:26.77 ID:Jrw3f/bl0
ちなみにひょろ②も黒薔薇が何人いるか正確に把握して無いらしい。
でもあの中で今日あった人は2人いて、見た事ある人でいなかった人が1人いるらしい。
「ごめん。ばれた」
とひょろ②が申し訳なさそうに言ってくる。
俺には何もいえない。
街中を疾走してくるひょろ②の姿が印象に残りまくってる。

「とりあえず、なんとかして電車に乗ろう」

ここから駅まで約2キロ


669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:16:06.32 ID:Jrw3f/bl0
言っておくがひょろ①はいい奴ではない。
ひょろ①から来たメールに「黒薔薇全員集合。おまえら覚悟しろ」
て、書いてあった。
後で見せてもらったから間違いない。

ちなみに疾走するのはまずいので、ゆっくりと歩く。
怖すぎる。周りが全員アッーの人に見える。
そして、なによりも。トイレに行きたい。

711 名前:1[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:20:48.12 ID:Jrw3f/bl0
トリップつけるのこれでいい?初めてなんだ。

「あの、トイレ」
て、言うと、ひょろ②は
「もうちょっとがまんして」
ですよね~。

ちなみにゆっくりと歩く。
本当に怖い。あと1キロ。
そこで、携帯がなった。

「とりあえず今8人いるって」

739 名前:1[] 投稿日:2007/08/15(水) 23:23:21.92 ID:Jrw3f/bl0
「たしか君の家の住所割れてるよね」
「あああっ!!!」

そうですよ。手紙だすから、住所教えてとか言われて話しちゃいましたよ。
なるほど、まずい。
これはまずい。

「私の家はみんな知らない。一駅だからうちにおいで」
「わかりました」
すばらしく出来た人だ。
こういった人間になりたい。

814 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:28:44.70 ID:Jrw3f/bl0
OKかな。

なんとか黒薔薇と合わずに駅までつく。
どうやらひょろ②の実家は俺の家に行くには信越線に乗るらしい。
うちとは逆なので、ちょっと帰りの事を考える。
うちの親は楽観主義なので、遅くなっても問題は無いが、金があまり無い。
すっとひょろ②が俺の前にでて、切符を買ってくれえる。

「はやく」
うん、いそごう。

839 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:31:31.24 ID:Jrw3f/bl0
簡単にひょろ②を説明すると、ねぎまのこのかのお父さんに似てる。
後々聞いた話、証券会社(難しいことはわかんね)の社長さんらしい。
そして、電車に乗り込む。
ここでようやく一息ついた。
そして、トイレを済ませると、一駅なので、すぐにつく。
この時大体4時半くらい。


869 名前: ◆XeenxDFYe2 [] 投稿日:2007/08/15(水) 23:34:55.65 ID:Jrw3f/bl0
ごめ、電車の名前は釣。
ひょろ②は38。これも後後聞いた。

そして、駅を降りる。
「すぐそこ」
すぐそこでした。
・・・・・。
このときは社長さんだって事を知らなかったのでマンションの素晴らしさに驚きました。

部屋までつれってもらう。
内装とかがヤバイ。ただの金持ちじゃないオーラが出てる。
「ごめん。きたなくて」
いやいやいや。全然。




そこで、ひょろ②が黒薔薇のだれかしらに電話をかけた。













「今日は、ごめん。この子だけは助けたかった」


本当にいい人でした。




終わり? 
[ 2007/08/25 19:00 ] 今日ガチでホモな方々の怖さを知った | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://vippre.blog117.fc2.com/tb.php/37-bcdc8fc7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。