VIPPRE ジャイアン「しずかちゃんの上着もっていこい」
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャイアン「しずかちゃんの上着もっていこい」

ジャイアン「しずかちゃんの上着もっていこい」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:10:42.70 ID:9ljaN2J10
のび太 「無理だよ・・・」

ジャイアン 「ドラえもんがいるだろ」

のび太 「ドラえもんは、そういうの嫌がるんだよ・・・」

ジャイアン 「つべこべいわずに、もってこい!」

のび太 「ドラえもーん!」



ジャイアン「しずかちゃんの上着もっていこい」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:15:13.91 ID:9ljaN2J10
のび太 「ドラえもーん!ドラえもーん!」

ドラえもん 「また、いじめられたの?」

のび太 「しずかちゃんの上着を取って来いって、ジャイアンが・・・」

ドラえもん 「ぼくにいい考えがあるよ」

のび太 「え?助けてくれるの?」

ドラえもん 「ママノウワギー!」

のび太 「これ、ママの上着じゃないか」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:19:13.06 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「そうだよ。まあ貴重なコレクションだけど仕方ない」

のび太 「大丈夫かなあ。とりあえず、ファブリーズを・・・」

ドラえもん 「そんなことをしたら、価値がなくなるよ!」

のび太 「??」

ドラえもん 「・・・なんでもないよ。さあ、もっていきな」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:23:07.33 ID:9ljaN2J10
のび太 「ジャイアン、もって来たよー」
ジャイアン 「おお、心の友よ!」

のび太 「はい、これ」
ジャイアン 「これ・・・本当にしずかちゃんのか?」

のび太 「う、うん・・・」
ジャイアン 「うーん・・・まあ、貰っておく。感謝しろよ」

のび太 「じゃあボクは帰るね」
ジャイアン 「おっと、次は下着だよ」

のび太 「それはちょっ・・・痛っ!」
ジャイアン 「早くしろ!これじゃ、収まりがつかないんだよ!」

のび太 「なんでそんなところにバットを入れてるの?」
ジャイアン 「バットじゃねえよ・・・まあいい。早くいってこい!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:27:28.51 ID:9ljaN2J10
のび太 「ドラえもーん!」

ドラえもん 「騒がしいな。今度はなんだい?」

のび太 「次は下着だって・・・ジャイアンが・・・」

ドラえもん 「下着!?さすがに下着は渡せないよ・・・」

のび太 「いいから、どこでもドアだしてよ!」

ドラえもん 「しかたないね・・・これ以上コレクションが減るのは嫌だし・・・」

のび太 「何をぶつぶついってるんだよ」

ドラえもん 「はい、どこでもドア」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:31:18.37 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「ふんふんふーん♪」

のび太 「しめた!しずかちゃんは、お風呂だ」

ドラえもん 「一応、ボクもきたよ」

のび太 「よし、じゃあ下着を物色だ」

ドラえもん 「おっと、石ころ帽子を渡しておこう」

のび太 「ドラえもん、さすが頼りになるなあ」

ドラえもん 「しっ!さあ、作業に戻ろう」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:32:52.76 ID:9ljaN2J10
のび太 「脱ぎたてだよこれ・・・まだ暖かいよ」

ドラえもん 「小学生には興味ないよ」

のび太 「そ、そうかい、ボクはちょっと興奮してきたなあ」

ドラえもん 「まあ、君も小学生だし仕方ないね」

のび太 「あれ・・・これなんだろう、おしっこかな・・・少し汚れてるんだ」

ドラえもん 「オリモノだろ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:36:07.19 ID:9ljaN2J10
のび太 「すごいなこれ・・・なんだかいやらしいよ・・・」

ドラえもん 「まあ、一度もって帰ろう。長居はマズイ」

のび太 「う、うん・・・でも、なくなったってバレないかな?」

ドラえもん 「大丈夫さ。特に似たようなパンツが沢山ある場合なんて
大抵は無くした事にすら気づかないよ。これだけは自信を持っていえる」

のび太 「さすがはドラえもん」

ドラえもん 「さあ、帰ってビッグライトで拡大しよう!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:38:01.60 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「ビッグライトーー」

のび太 「なんだかボクの股間も・・・」

ドラえもん 「そういうネタは嫌いだな」

のび太 「ご、ごめん・・・」

ドラえもん 「じゃあ、拡大するよ。ビビビビ・・・・」

のび太 「わあ、絨毯みたいだ!すごいよこれ!」

ドラえもん 「うん、なかなかいいね。いい。ありだね。あり。」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:40:23.63 ID:9ljaN2J10
のび太 「うわあ・・・染みがいやらしいなあ・・・」

ドラえもん 「最近の小学生は侮れないね。考えを改めようかな・・・」

のび太 「それよりこれ、ジャイアンに持っていかないと」

ドラえもん 「うーん、少し勿体無いな・・・そうは思わない?」

のび太 「少し・・・。でもジャイアンが・・・」

ドラえもん 「まあまあ、これを使おう。暗記パン!」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:43:44.08 ID:9ljaN2J10
のび太 「暗記パン?それって・・・」

ドラえもん 「こうして、この染みの部分に浸してと・・・できた!」

のび太 「ど、ドラえもん・・・」

ドラえもん 「なぜ、引いてるんだい?これは最高の食材だよ」

のび太 「だって・・・」

ドラえもん 「それに暗記パン効果で、この匂いまで覚えていられる」

のび太 「・・・」

ドラえもん 「・・・あれ?どうしたの?黙っちゃってさ」

のび太 「それはさすがに・・・」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:48:03.14 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「君は実にバカだな。騙されたと思って食べてごらんよ」

のび太 「・・・じゃあ、ちょっとだけ」

ドラえもん 「どう?どう?どう?」

のび太 「すごい・・・甘酸っぱくて・・・なんだか、目覚めそうだよ。すごく・・・新しいよ!」

ドラえもん 「ボクも一口貰おうかな・・・うん、いいね。未発達特有の甘さがあるよ。」

のび太 「まさか・・・いつもこんなことしてるの?」

ドラえもん 「さあ、もういいだろう。小さくしてジャイアンにもっていきなよ」

のび太 「う、うん・・・」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:50:37.60 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「さて、本格的に動くか・・・」



のび太「ジャイアン、もって来たよ」
ジャイアン 「うおおおおおおやるなあ、心のとも!」

のび太 「でもこれ、何に使うんだい?」
ジャイアン 「ん?お前まだオナニーとかしないの?」

のび太 「なにそれ?」
ジャイアン 「そうか・・・しかたない、教えてやるよ」

のび太 「なんだかわからないけど、ありがとう」
ジャイアン 「オレの家に来いよ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:54:27.52 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「ふんふーん♪」

ドラえもん 「さて、まずは透明マントでじっくりと拝見しますか・・・」

しずかちゃん 「ああ・・・お風呂ってやっぱりいいわね」

ドラえもん 「(毛は生えたてか。これはいいワレメだな・・・)」

しずかちゃん 「なんだか見られているような・・・」

ドラえもん 「・・・!石ころ帽子装着!」

しずかちゃん 「・・・気のせいかな」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:57:16.83 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「(危ない危ない。さて、続けてもらおうか・・・)」

しずかちゃん 「ふう・・・あ・・・あんっ・・・」

ドラえもん 「(おいおい、小5でオナニーかよ・・・どうりで風呂の回数が多いわけだ・・・)」

しずかちゃん 「はぁはぁ・・・んっ・・・出来杉さん・・・」

ドラえもん 「(ちっ・・・オカズは出来杉か・・・)」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 04:59:43.93 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「あっ・・・もっとブって・・・もっとぶってー・・・」

ドラえもん 「(SMかよ・・・)」

しずかちゃん 「変態女っていってー!変態女っていってー!」

ドラえもん 「(・・・女ってわからねえな)」

しずかちゃん 「ああっ・・・おしりはやめて・・・ボールペンはやめてええ・・・」

ドラえもん 「(どんなシチュだよ・・・)」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:01:56.09 ID:QH/gKTKP0
1は昨日のリカちゃんとかサブちゃんのスレのと同一人物か?

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:02:27.49 ID:tHXdYTWfO
まさか…3日保守された>>1
やるおのAA豊富な彼か!?


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:04:57.22 ID:9ljaN2J10
>>40-41
                / ̄ ̄\
              /  ヽ_  .\
              ( ●)( ●)  |     ____
              (__人__)      |     /      \
              l` ⌒´    |  / ─    ─  \
             . {         |/  (●)  ( ●)   \
               {       / |      (__人__)      |
          ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ,/_
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ヽ,
        /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
           _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
           >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'
        __,,,i‐ノ     l              └―イ   ヽ |
                    l                   i   ヽl


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:06:20.96 ID:QH/gKTKP0
>>43
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |   OK続けてくれ
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:03:44.67 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「イクっ・・・イクっ・・・・・あっーーーー」

ドラえもん 「(こいつはヤバイな。なんだかムラムラしてきちまった)」

しずかちゃん 「ハァハァ・・・」

ドラえもん 「(・・・これはたまらんな・・・)」

しずかちゃん 「ふう・・・でも、なんだか虚しいわね・・・」

ドラえもん 「(おやおや・・・こいつは期待できそうだ・・・)」

しずかママ 「しずか、お風呂まだ入ってるのー?」

しずかちゃん 「もうでるところー」

ドラえもん「(まあ、今日は、これくらいにしておこうか・・・)」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:08:00.12 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「そうそう、こうして縦にしごくんだ。これが基本な」

のび太 「へえ。なんだか気持ちいいけど、物足りないな」

ジャイアン 「まあ、これは基本だからな。あとのび太の場合は、皮オナっていう手もあるな」

のび太 「それは、どういうの?」

ジャイアン 「まあ、オレみたいに完全にむけるときついんだけどさ、こうして・・・こうだ」

のび太 「あ、触らないでよジャイアン・・・これで、どうするの?」

ジャイアン 「そのまま、畳の上で動いてみろよ。股間に意識を集中してな」

のび太 「う、うん、やってみるよ」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:10:47.08 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「どうだ?」

のび太 「あ・・・これはいいかも・・・」

ジャイアン 「でもな。皮オナは諸刃の剣なんだ」

のび太 「そうなの?気持ちいいのに」

ジャイアン 「あまりやりすぎると、仮性包茎になっちまうぜ」

のび太 「かせいほーけいって?」

ジャイアン 「まあ、大人になるとちょっと肩身が狭くなるんだよ」

のび太 「そうなのかあ・・・でもこっちの方が気持ちいいなあ」

ジャイアン 「まあ、自己責任でな」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:12:59.31 ID:9ljaN2J10
のび太 「他には、どんなのがあるの?」

ジャイアン 「オーソドックスタイプに、自己流で改良を加えるんだよ」

のび太 「例えば?」

ジャイアン 「そうだな例えば、こう、両手で挟んで回転させたりするんだ」

のび太 「こう?痛いなこれ・・・」

ジャイアン 「まあ、人それぞれだよ。オレはこれを、コークスクリューと呼んでる」

のび太 「なんだかかっこいいな」

ジャイアン 「お前も、独自の技を編み出すんだ」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:14:20.18 ID:JLn9BQyXO
コークスクリューwwwwww

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:15:44.09 ID:9ljaN2J10
のび太 「手先は器用なんだけどなあ」

ジャイアン 「あやとり、得意だもんな」

のび太 「うん・・・そうだ、あやとりの紐を使ってもいいかい?」

ジャイアン 「おう、新しいな。やってみろ」

のび太 「なんか紐あるかな?」

ジャイアン 「これでどうだ?毛糸だけど」

のび太 「十分さ。ちょっと・・・全体に巻きつけてと・・・」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:18:09.74 ID:9ljaN2J10
のび太 「痛い・・・けどなんだろう・・・この一体感・・・」

ジャイアン 「ほう、尿道オナに近いものがあるな」

のび太 「それって?」

ジャイアン 「上級者の技さ。まあ禁じ手として、アナニーもあるけどな・・・」

のび太 「あなにー?あな?おしりかい?」

ジャイアン 「そう。だがこいつばかりは、教えられないな。危険すぎる。」

のび太 「そうなんだ・・・」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:20:54.37 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「それよりその紐だけど、こう、十字にしてみたらどうだ?」

のび太 「こうかな・・?」

ジャイアン 「そうそう、尿道と亀頭のカリを刺激できると思うんだ」

のび太 「うん・・・いいかもしれない・・・」

ジャイアン 「名前付けろよ」

のび太 「名前かあ・・・じゃあ、ジャイアンスペシャルにしようかな」

ジャイアン 「おいおい、恥ずかしいからやめてくれよ・・・」

のび太 「そうだよね・・・うーん」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:22:56.25 ID:U0F71PajO
ジャイアンスペシャルってwwwww  

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:23:31.92 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「『十字軍の栄光』なんてどうだ?」

のび太 「『十字軍の栄光』・・・なんだか、かっこいいなあ」

ジャイアン 「だろう?」

のび太 「センスあるよジャイアン」

ジャイアン 「まあな、歌とケンカと、ネーミングセンスだけは自信があるんだ」

のび太 「十字軍の栄光・・・よし、他にも色々考えてみるよ」

ジャイアン 「おう、じゃあ明日はスネオも呼ぶから、いろいろ発表会しようぜ!」

のび太 「うん!いっぱい考えておくよ!」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:26:08.97 ID:U0F71PajO
十字軍の栄光…格好良いなwwwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:29:06.47 ID:9ljaN2J10
のび太 「ドラえもーん!今日ね、今日ね・・・」

ドラえもん 「あ。お帰り。どうだった?ジャイアン喜んでた?」

のび太 「うん、それでね、ボクにオナニーっていうのを教えてくれたんだ!」

ドラえもん 「ああそう。」

のび太 「あれ?あまり驚かないね。知ってたの?」

ドラえもん 「とっくに卒業したけどね。まあ、誰もが通る道さ」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:29:56.99 ID:9ljaN2J10
のび太 「そうなのかあ・・・じゃあぼく、今夜は色々なオナニーを研究するから!」

ドラえもん 「頑張ってね・・・・え?紐?おいおい、マニアックだな君は・・・」

のび太 「そうなの?でもこれがボクにあってるみたいなんだ」

ドラえもん 「まあ、いいけど・・・じゃあボクは押入れに入るね」

のび太 「まだいいじゃないか」

ドラえもん 「ボクが見てると気が散るだろう?ボクもみたくないしね」

のび太 「気にしないけどなあ・・・」

ドラえもん 「・・・まだまだ子供だね」

のび太 「なんかいった?」

ドラえもん 「なんでも・・・オヤスミ」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:30:56.75 ID:cpMFU+oq0
ドラえもんがなんか悟ってるなwwwwwwwwww


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:33:30.83 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「のび太さん、おはよう」

のび太 「おはよう・・・」

しずかちゃん 「あれ?元気ないわねのび太さん・・・」

のび太 「昨日ちょっとね」

しずかちゃん 「遅くまでお勉強?まあ、偉いわね」

のび太 「いや違うんだ、オナニーの研究さ」

しずかちゃん 「・・・・!」

のび太 「オナニーって言うのはね・・・」

しずかちゃん 「のび太さんの不潔!」

のび太 「あ、まってよ!・・・どうしたんだろう急に。昨日、お風呂入ったったけどなあ・・・」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:34:50.95 ID:cpMFU+oq0
無垢すぎるwwwwwww


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:38:00.62 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「あら、出来杉さん、おはよう」

出来杉 「やあ、しずかちゃん。今日も可愛いね」

しずかちゃん 「まあ、出来杉さんたら。」

出来杉 「はは、お世辞じゃないよ。本当さ。
今日はテストなのに、昨日は君のことを思って寝れなかったよ」

しずかちゃん 「冗談がうまいわね。でも嬉しいわ」

出来杉 「ボクは、嘘はつかないさ。でも、恥ずかしがる君も素敵だね」

しずかちゃん 「もうっ!遅れるわよ。いきましょ」

出来杉 「そうだね。あ、のび太君だ」

しずかちゃん 「い、いきましょ!」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:41:52.39 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「おう、のび太。どうだ?色々考えてきたか?」

のび太 「あ、ジャイアン、おはよう。うん、5つほど自信作があるよ!」

スネオ 「期でもボクのラジコンオナニーもすごいんだぜ」

ジャイアン 「おっと、お楽しみは放課後だ」

スネオ 「ふふ、今日はパパの書斎から裏ビデオも持ってきたよ」

ジャイアン 「心のともよ!」

のび太 「うらびでおって?」

スネオ 「まあ見れば分かるさ。ただ、このビデオ3人用なんだよね」

のび太 「え・・・」

ジャイアン 「スネオ!今日は優しくしてやれ!」

スネオ 「じょ、冗談だよ。」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:44:23.07 ID:06ZNfc9YO
ラジコンオナニーって何だwwwwww

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:44:51.86 ID:9ljaN2J10
のび太 「3人用って・・・誰か来るの?」

スネオ 「あと一人来るよ」

ジャイアン 「あっと驚くゲストがな!」

のび太 「おとこのこ?」

ジャイアン 「それは秘密だ。でもちゃんと見せてやるから心配すんな」

スネオ 「うん、今日は特別さ」

のび太 「楽しみだなあ」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:47:17.24 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「このしずかちゃんのママの下着はどうかな?」

コンピューター 「マイド。4200円ニナリマス。」

ドラえもん 「ええー!安くない?」

コンピューター 「ソノシタギ ノ テイカハ 3000円 デス」

ドラえもん 「ちっ・・・まあいいや、じゃあそれで」

コンピューター 「マイド」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:51:09.40 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「これは、コレクション品だけど、一応値段を聞いておこうかな」

コンピューター 「1万8000円 デス ウッテクダサイ」

ドラえもん 「まあまあ高いな。でもこれは売れないな、染みが半端じゃない」

コンピューター 「ザンネンデス」

ドラえもん 「いちおう、これとこれも・・・」

コンピューター 「1ツ ハ  0円 デス」

ドラえもん 「やっぱ、のび太君のパンツじゃダメか」

コンピューター 「モウ1ツ ハ 7万8000円デス」

ドラえもん 「!!!!!!!!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:53:58.01 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「壊れたのかな?これ、小学生のパンツだよ?」

コンピューター 「イマ ショウガクセイ ノ パンツ ハ タカネデス」

ドラえもん 「しずかちゃんのパンツがねえ。需要ってのは、わからないね」

コンピューター 「ウッテクダサイ」

ドラえもん 「もちろんさ、これと同じ様なのは高いんだろうね?」

コンピューター 「ビショウジョ ナラ タカイデス」

ドラえもん 「こいつは、ビッグマネーの予感がするぜ・・・」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:56:06.71 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「じゃあ、始めようか」

のび太 「あれ?ゲストは?」

ジャイアン 「まあまあ。そいつは発表会のあとだ。まずはスネオからいこうぜ」

スネオ 「まずは、ラジコンオナからいくよ」

のび太 「高そうなラジコンだなあ」

スネオ 「ふふ、高いのは値段だけじゃないよ。満足度も相当高いよ」

ジャイアン 「どれ、やってみろ」

のび太 「楽しみだなあ」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:59:02.22 ID:9ljaN2J10
スネオ 「まず、このラジコンヘリを股間にセット。」

ジャイアン 「大丈夫かそれ・・・?」

スネオ 「プロペラの先端には、柔らかい合成樹脂を使用しているんだ」

ジャイアン 「ほう・・・」

のび太 「やってみて!」

スネオ 「まあ、焦るなって。それで、ここにローションを入れるんだ」

ジャイアン 「その先端部か?こいつはすごいな」

スネオ 「特注だからね。で、スイッチオン!」

のび太 「すごい高速回転だ!」

ジャイアン 「耐えられるのか!?」

スネオ 「アーッ!!!」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 05:59:49.17 ID:oUyimb/70
さすがスネオwww
すげぇの持ってんなwww


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:01:46.67 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「スネオ!」

スネオ 「だ、大丈夫さ・・・やっぱすごいよこれは・・・」

ジャイアン 「ただ、それ見つかったら半端じゃなく引かれるな」

のび太 「なんで?」

ジャイアン 「だって、こんなマニアックなオナニーだぞ?」

スネオ 「その点は大丈夫、ボクの部屋鍵があるから」

ジャイアン 「羨ましいなあ・・・」

のび太 「なんで?見つかると恥ずかしいの?」

ジャイアン 「おまえ・・・オナニー見られて恥ずかしくないのか?」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:02:49.68 ID:rHXaknkI0
だめだスネ夫の声で幻聴がきこえたwwwwwwwwwwwww


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:05:16.13 ID:9ljaN2J10
のび太 「全然。だって昨日知ったし。悪いことなの?」

ジャイアン 「そうか。それはオレにも責任があるかもな。すまん。」

のび太 「どうしたの?」

ジャイアン 「オナニーっていうのは、人に隠れてやるものなんだ。見つかったら恥ずかしい。そういうものなんだ。」

スネオ 「大体自然に分かるけどなあ」

のび太 「ふうん・・・じゃあ人に言わない方がいいんだね」

ジャイアン 「そうだな。ここのことも内緒だぞ、ドラえもんにもだ」

スネオ 「言ったら、もう裏ビデオみせてやらないからな!」

のび太 「うん・・・よくわからないけど、秘密にするよ」

ジャイアン 「それならいい」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:09:08.49 ID:9ljaN2J10
のび太 「でもなんでなの?」

ジャイアン 「うん、まあセックスの概念も無いだろうか、おまえに説明するのは難しいな」

スネオ 「このビデオみちゃう?」

ジャイアン 「そうだな、順番は変わっちゃうけど、のび太のためだ。みよう!」

スネオ 「出来杉はまたなくていいの?」

ジャイアン 「ああ、そろそろくるかな」

のびた 「ゲストって、出来杉?」

ジャイアン 「おっと、ばらしちまったな。そう、あいつはすごいぜ、この会唯一の性交経験者さ」

スネオ 「今日もその話を聞かせてくれるはずなんだ」

のびた 「せいこう?よくわからないけど、出来杉はなんでもできるなあ」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:11:40.23 ID:xvOLMPXp0
出来杉wwwwwwwwwwwwwwww


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:11:15.44 ID:9ljaN2J10
スネオ 「よし、ビデオを見よう」

ジャイアン 「トイレは順番に使うこと。我慢できなくなったら、庭とティッシュでたのむ」

スネオ 「ラジャー」

のびた 「ら、らじゃー」

スネオ 「それじゃいくよ」

ジャイアン 「ゴクリ・・・」

のびた 「えいが?」

ジャイアン 「もっといいものさ、ドラえもんでも出せやしねえ・・・」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:12:02.13 ID:YxbrjnM80
ドラえもんでも出せやしねえw

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:15:44.10 ID:9ljaN2J10
『ティナの、大回転スペシャル♪』

ジャイアン 「始まったぞ・・・」
スネオ 「ティナかわいいよ ティナ」

『あ・・・先生・・・コレも授業ですか・・・』

ジャイアン 「・・・」
スネオ 「・・・」
のびた 「??」

『スカートになんか・・・隠してません・・・』

ジャイアン 「くるか・・・」
スネオ 「・・・」
のびた 「・・・え、すごい・・・」

『そんなところに・・・カンニングなんてしてません・・・』

のびた 「・・・こ、こ、これって・・・」
ジャイアン 「シッ・・!」
スネオ 「・・・」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:17:23.25 ID:oUyimb/70
スネオしゃべらないwww
個性でてるなww


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:19:38.17 ID:9ljaN2J10
『本当です・・・全部見てもいいです・・・』

ジャイアン 「キターーーーー!」
スネオ 「ピンク色だね。たまらねえ・・・」
のびた 「こ、こ、これが女性器・・・・」

『そんな・・・ください・・・オ○ンポください・・・』

スネオ 「トイレ・・・借りるね・・・」
ジャイアン 「・・おう・・」
のびた 「ま、まさか・・・これ・・・いれるの?」
ジャイアン 「そのとおりさ。。。オナニーの100倍気持ちいいらしい」
のびた 「100倍・・・!」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:21:34.79 ID:9ljaN2J10
『あっあっ・・・・いいわ・・・もっと・・・』

ジャイアン 「ただ、ティナにはちょっとエロスが足りないんだけどな・・・」
のびた 「す、すごい・・・変な気持ちになってきた・・・」
ジャイアン 「そう、そういう時に、セックスの代わりにオナニーをするのさ」
のびた 「なるほどーーーなるほどーーーー」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:26:31.75 ID:9ljaN2J10
『い・・・イク・・・イっちゃう!イっちゃう!』

のびた 「イクって?」
ジャイアン 「オナニーするとなんか白いの出るか?」

のびた 「ううん、マックスまで気持ちよくなったら、それで終わり」
ジャイアン 「精通はまだか・・・。まあ、そのマックスが女にもあるのさ」

のびた 「へー、ジャイアンすごいね・・・でも、さっきより興奮してないね」
ジャイアン 「ああ・・こいつは、メンタル面の問題だな。いやなに、ティナの演技に萎えたと言うか・・・」

のびた 「よくわからないけど、大変だね」
ジャイアン 「まあ、お前は楽しめよ。庭もあるしよ」

スネオ 「・・・」

のびた 「あ、スネオお帰り。なんだか、スッキリした顔だね」

スネオ 「や、やめろよ。」

ジャイアン 「そっとしておけ。無言でイって、無言で戻る。それがマナーだ」

のびた 「ごめんね」

スネオ 「いや、いいんだ。ふう・・・」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:28:37.46 ID:kRbQS+Y20
ジャイアンかっこよすぎwwwwww

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:29:33.57 ID:FltIhFXgO
ジャイアンのオナニー紳士っぷりがすげぇwww
オナニー心理知り尽くしてるな


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:29:54.01 ID:9ljaN2J10
出来杉 「やあ、コレは皆さんお揃いで」

ジャイアン 「お、出来杉。今日もセックス講義頼むぜ」

スネオ 「ボクも質問が沢山あるんだ」

のびた 「出来杉、その荷物は?」

出来杉 「ああ、ハメ取り写真ファイルさ」

ジャイアン 「うおおおおお、くれ!」

スネオ 「ボクのラジコンヘリと交換しない?」

出来杉 「はっは、落ち着いて。ただであげるよ。もちろん、のびた君にも」

のびた 「出来杉はやさしいなあ・・・」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:32:45.05 ID:FltIhFXgO
ハメ撮りすんなwww


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:35:23.50 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「これ・・・こいつもやったの?」

出来杉 「ああ。それは、女子高生だね。うん、その友達ともやったよ」

スネオ 「すごいな出来杉は・・・」

のびた 「え?なになに?ビデオと同じことしたって事?」

スネオ 「お前は少し黙ってろよ」

ジャイアン 「まあまあ、こいつはこの世界に入ったばかりなんだ。出来杉、そのへん宜しくな」

出来杉 「オーケー。まあセックスっていっても、快感の満足度はオナニーを超えることは出来ないんだよ」

のびた 「オナニーより100倍気持ちいいんじゃないの?」

ジャイアン 「おれも、そう聞いたぜ」

出来杉 「うん、難しいね。満足度という点では、それも正しいかもしれないね」

スネオ 「・・・ちょっと、トイレ借りるね」

ジャイアン 「写真汚すなよ」

スネオ 「うん・・・じゃあ・・・」

出来杉 「なに、ネガはあるから気にしないで。」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:39:47.46 ID:9ljaN2J10
出来杉 「話を戻そう。オナニーっていうのは、自分で色々調節できるよね」

ジャイアン 「確かにな」

のびた 「それは薄々わかってきたよ。皮オナはすごいけど、オーソドックスは・・・」

出来杉 「そうだね。オナニーは快感という点では、全てを調節できるんだ。もちろんマックスにすることもできる」

ジャイアン 「なるほど・・・」

出来杉 「で、結局ローションとかオナホールその辺の道具を駆使すると、
オナニーでの快感は最高地点までたどり着くのさ」

ジャイアン 「道具か・・・そういう意味ではスネオは、一歩進んだのかな」

のびた 「ドラえもんなんか持ってないかなあ・・・」

ジャイアン 「ドラえもんには秘密だって言ったろ!」

のびた 「あ、そうだったね。ごめんごめん。」

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:45:34.63 ID:9ljaN2J10
出来杉 「それに対してセックスは、相手がいる以上気を使わなくてはいけない。」

ジャイアン 「うーん、なるほどなあ」

出来杉 「当然、純粋な快感の満足度はその分差し引かれるわけさ」

のびた 「言葉が難しいよ」

出来杉 「まあ簡単に言うと、オナニーの方が気持ちいいってこと」

のびた 「最初からそういえばいいんだよ」

出来杉 「ふふ、だがコレだけじゃ終わらない。肌と肌の触れ合い、キスも含めてね。
メンタル面での満足度が、オナニーでは得られないのさ」

ジャイアン 「メンタル面は、確かに大事だな」

出来杉 「そう、おっぱいを触ったり、そうしておいて女の子の反応を楽しんだり・・・
そういうオナニーではなかなか想像の中でしか出来ないことが、手に入るんだよ」

ジャイアン 「ふむふむ・・・」

のびた 「難しいなあ」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:45:51.22 ID:uwKSwAMRO
ドラえもんって常に全裸?

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:47:03.05 ID:1418EAWDO
>>173
ポケット着てるだろうが


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:48:32.78 ID:uwKSwAMRO
腹しか隠れてねぇーよwww

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:48:36.74 ID:9ljaN2J10
出来杉 「まあ、そうはいっても体験するまではなんともね」

ジャイアン 「結局はそれだよなあ・・・」

のびた 「ボクもセックスしたい!」

出来杉 「そうだろうね。でもなかなかそういうチャンスは無い。イケメンのボクですら週1程度さ」

ジャイアン 「くそう。レイプしたくなってきたぜ!」

のびた 「れいぷって?」

出来杉 「合意を得ずに無理矢理やることさ。まあ、犯罪だね」

ジャイアン 「そうなんだよなあ・・・」

のびた 「ふーん・・・でもセックスしたいね」

スネオ 「・・・」

のびた 「・・・」

ジャイアン 「写真はそこでいいぜ・・・」

出来杉 「じゃあ、話をしようか。今日はすごい提案があるんだ」


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:51:14.01 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「のびた君はオナニー談義か。よしよし・・・」

ドラえもん 「どこでもドアー!」

ドラえもん 「やあ、しずかちゃん」

しずかちゃん 「あら、ドラちゃん、こんにちは。どうしたの?」

ドラえもん 「いやいや、あそびにきただけだよー」

しずかちゃん 「まあ、今日はのびたさんはいないのね。ゆっくりしていって。」

ドラえもん 「うん。ゆっくりしていくよ・・・・」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:53:38.63 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「ちょっと、お茶とお菓子を・・・ドラヤキがいいわね。もってくるわ」

ドラえもん 「ありがとう。待ってるね」

しずかちゃん 「すぐもどるわ」

ガタッ・・・ガタッ・・・ガタガタッ・・・

ドラえもん 「ち、どこだよ下着・・・あ。これか。持ってて良かった4次元ポケット!」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:55:18.74 ID:QHvtjDVoO
裏ドラえもんあらわるwwwwwww






しずかちゃん貞操の危機wwwwwww



196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:57:24.67 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「だが、染みがないと弱いかな・・・まあ、それは直接・・・」

しずかちゃん 「はい、紅茶とドラヤキよ」

ドラえもん 「ありがとうー。うん、このドラヤキは絶品だね」

しずかちゃん 「うふふ、本当にドラちゃんは、ドラヤキが好きね」

ドラえもん 「うん。もっと好きなモノもあるけどね・・・」

しずかちゃん 「あら、それはなーに?未来のスイーツ?」

ドラえもん 「まあ、甘美という意味ではそうかも・・・ウフフ」

しずかちゃん 「美味しいんでしょうね」

ドラえもん 「うん。すごく・・・おいしいよ・・・」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 06:58:43.21 ID:cYjcqaCe0
しずかちゃんにげてええええ

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:06:31.31 ID:9ljaN2J10
出来杉 「どうだい?このプランなら、間違いないと思うんだ」

スネオ 「いい考えだね」

ジャイアン 「うーん・・・うーん・・・」

のびた 「どうしたの?ジャイアン」

出来杉 「どこか不備があるかい?『しずかちゃん輪和姦計画』に。」

ジャイアン 「しずかちゃんが和姦に応じるかなあ・・・」

出来杉 「なーに、ボクの見立てでは彼女は相当いやらしいよ。大丈夫」

のびた 「出来杉は天才だ!」

スネオ 「もし、性交したら・・・いや、成功したら卒業まで困らないね」

出来杉 「うん、完全に飼育するつもりさ」

ジャイアン 「うーん・・・」

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:07:46.99 ID:9ljaN2J10
出来杉 「どうしたんだいジャイアン。ボクが処女を奪うというのが不満かい?」

ジャイアン 「いや、その点は問題ないんだ。出来杉の計画だからな」

出来杉 「じゃあ、なにかあるのかい?まさか、良心が痛むのかい?」

ジャイアン 「・・・どうしてもジャイコの事を思い出してしまうんだ」

出来杉 「気持ちは分かるけど、ジャイコ君としずかちゃんは違うよ。
はっきり言おう,、しずかちゃんは、淫乱だ。楽しんでくれるはずさ。」

ジャイアン 「そうならいいんだけど・・・」

のびた 「もう、ジャイアン、煮え切らないなあ!」

スネオ 「そうだよ。ここまで来て・・・」

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:10:37.54 ID:QHvtjDVoO
ジャイコに何があったんだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:14:16.87 ID:9ljaN2J10
ジャイアン 「でも、やっぱりオレは降りるよ・・・」

のびた 「なんだよ!ジャイアンのパワーが必要なのに!」

ジャイアン 「すまねえ。気が乗らないんだ」

スネオ 「ちっ・・・じゃあ無理じゃないか」

出来杉 「いや、ジャイアンがいなくなるのは痛いけど、なんとか計画は続行できないこともない」

スネオ 「本当?」

出来杉 「ああ・・・ただ、ジャイアンが口外しないと約束してくれたらだけどね」

のびた 「ジャイアン・・・」

ジャイアン 「もちろん、口外するつもりは無い。悪いのはオレだからな」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:15:05.75 ID:9ljaN2J10
スネオ 「じゃあ、決まりだね」

出来杉 「念を押すよジャイアン。決して口外しないこと。それを破ったら、ジャイコ君もどうなるか・・・」

ジャイアン 「出来杉!てめえ!」

出来杉 「ごほっ・・・離せよ。まあ、口外しなければ何もしないさ。」

ジャイアン 「最初から口外はしないといってるだろ!」

出来杉 「わかった。じゃあ、この件は3人で進めよう」

のびた 「ジャイアン、本当にいいの?」

スネオ 「ほっとけよ。出来杉、これからボクの家に来ないか?すごいエロゲがあるんだ」

出来杉 「それは面白そうだね。のびた君も行こう」

のびた 「ジャイアン・・・」

ジャイアン 「いってこい。オレは・・・腰抜けさ」

スネオ 「いこうぜー」

243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:20:00.61 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「しずかちゃん、これ、未来のスイーツだよ。食べるかい?」

しずかちゃん 「あら、美味しそうね。頂くわ。」

ドラえもん 「(ウフフ・・・さあ、さあ)」

しずかちゃん 「どうしたのじっと見て、ドラちゃん。」

ドラえもん 「あ、いや、なんでもないよーウフフー」

しずかちゃん 「あ、はんぶんこしましょうか。」

ドラえもん 「いやいやいや。ボクはお腹いっぱいだから・・・」

しずかちゃん 「そう?じゃあ、遠慮なく・・・うん、美味しいわ」

ドラえもん 「(ウフフ・・・本当に美味しいのはボクだよ・・・ウフフ)」


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:21:50.40 ID:9ljaN2J10
しずかちゃん 「なんだか眠く・・・な・・って・・・zzz」

ドラえもん 「古典的だが、これが最高に興奮するんだよなあ・・・ウフフ」

しずかちゃん 「zzz」

ドラえもん 「さて、まずはこの邪魔な服を脱がせましょうかねえ」

しずかちゃん 「zzz....」

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:22:13.28 ID:8egmHICl0
ドラwwwwwwww


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:24:10.47 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「おや、ブラなんてしてるのか。おませさん・・・ウフフ」

ドラえもん 「うーん?あ、フロントホックか・・・プチっと・・・」

ドラえもん 「うん、ドラヤキのような上品な膨らみ。悪くないねえ」

ドラえもん 「いただきまーーーす」

しずかちゃん 「zzz....ぁ....zzz」

ドラえもん 「ウフフ、寝ているのに敏感だねえ・・・ちゅぱ・・・ちゅぱっ・・・・美味しいねえ・・・ウフフ」

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:24:16.48 ID:cLzwPQj/O
ドラえもんに乗しかかられたら死ぬwwwwwww


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:26:30.61 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「さて、これ以上やると犯罪かな?」

ドラえもん 「さっきのどれだっけ・・・パンツ4マイセットーー!」

ドラえもん 「さてと、まずは今履いているパンツをいただきますか・・・」

ドラえもん 「あらら、これは絶品。淫乱なのかな?しずかちゃん。」

ドラえもん 「よしよし、これはコレクションにしてと・・・」

ドラえもん 「さて、裏返して順番にこすり付けましょうか・・・ウフフ」

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:28:53.45 ID:9ljaN2J10
ドラえもん 「うん、これでよし・・・一応、最後の一枚ははかせておきますか・・・・」

ドラえもん 「どこでもドアー!」

ドラえもん 「じゃあねー」

しずかちゃん 「zzz...」

しずかママ 「しずかー?あら、寝てるのね」

しずかちゃん 「zzz...」

しずかママ 「毛布を掛けてあげましょう・・・あら、ブラが外れているわ・・・すごい寝相ね」

しずかちゃん 「zzz...」


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:32:17.32 ID:9ljaN2J10
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \ うーん・・・7時半か・・・
|       (__人__)    |  これは、あの手を使うしかないお・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:33:24.19 ID:9ljaN2J10
             __
            //:\
           / /::::::::\
          /  /:::::::::::::::\
        /  . /:::::::::::::::::::::::\
      /     /::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /     . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ____
/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  / ―  -\
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  (●)  (●)  つづく・・・
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /     (__人__) \
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |       ` ⌒´   |
 .   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \           /
                    ノ            \
                  /´               ヽ
                r──|   l              \
           / ̄ ̄ ̄ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
          /  ̄ ̄  ̄ ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:36:26.08 ID:IyWJxwNLO
どうしてくれる このそりかえしたイチモツをどうしてくれる

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:38:46.20 ID:5ylGJrEI0
つづく!?貴様ーッ!謀ったなァー!!

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 07:41:40.55 ID:rHXaknkI0
>>1の変態は尊敬に値する!

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/26(月) 08:01:44.90 ID:9ljaN2J10
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   3時間もあれば終わると思ったんだお・・・・
/    (─)  (─ /;;/ 
|       (__人__) l;;,´     暇な人は、これでも見ておくといいお
/      ∩ ノ)━・'/     サブちゃん「リカちゃん、上着とってみようか」
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |  
  \ /___




次スレジャイアン「しずかちゃんの上着もっていこい」 続き 
[ 2007/11/26 16:56 ] VIP | TB(0) | CM(1)



俺初めてのおなぬーは皮オナ、それ以来それが普通のやり方だと思ってた。
俺のおなぬーが常人と違うと知ったのが二年後くらい、火星方形の存在と皮オナがその危険をはらんでいることを知ったのが三年後くらいだった。
すでに遅く、今じゃ立派な火星人ですwwwwww
[ 2007/11/26 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://vippre.blog117.fc2.com/tb.php/255-8819bc8e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。