VIPPRE ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです その8
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです その8



ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです

608 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 13:59:39.34 ID:GMYVJWfZ0
~ 12年後 ~

―4月某日―

( ^ω^)「ただいまだお」

リビングの扉を開いてブーンが入ってくると
一人の少女が嬉しそうに駆け寄ってくる。

*(‘‘)*「とーちゃん。おかえり! 」

( ^ω^)「おー、ヘリカルまだ起きてたのかお? 」

自慢の娘の頭をなでながらブーンはネクタイを緩める。

(*゚ー゚)「あなた、お帰りなさい」

( ^ω^)「ただいまだお」

*(‘‘)*「とーちゃん、ほんよめ! 」

(*゚ー゚)「こら、ヘリカル。お父さん疲れてるんだから無茶言わないの」

ブーンにお気に入りの絵本を突き出すヘリカルをたしなめるようにしぃが言う。


ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです


611 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:01:15.69 ID:GMYVJWfZ0
*(‘‘)*「やーだ、とーちゃんほんよむお! 」

しかし、ブーンの口癖を真似る愛娘の姿に、夫婦そろって苦笑するしかなかった。

( ^ω^)「しかたないお。とーちゃん着替えてくるから部屋で待ってるお」

*(‘‘)*「わかったお! 」

返事をしたヘリカルは、「ぶーん」と叫びながら自分の部屋に戻っていった。

(*゚ー゚)「疲れてるんじゃない? 私が行こうか? 」

( ^ω^)「かまわんお。 娘の顔見たら疲れなんか吹っ飛ぶお」

ブーンはそういい残して、リビングを出て行く。

(*゚ー゚)「もう、娘には甘いんだから」

そんなブーンを見ながらしぃは幸せそうに微笑んでいた。

615 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:02:46.69 ID:GMYVJWfZ0
(*゚ー゚)「さて、肉じゃが温め直さないとね」

しぃは愛しのだんな様の為にコンロに火を点ける。
そこに着替えたブーンがなぜか戻ってきた。

( ^ω^)「しぃの笑顔でも、疲れが吹っ飛ぶお」

どうやら、この一言を言うために戻ってきたようだ。

(*゚ー゚)「もー、いい歳して何言ってるの? 」

( ^ω^)「お? 何か変なこと言ったかお?」

しぃの言葉にブーンは真顔で首を傾げる。

(*^ー^)「んーん。言ってないよ」

( ^ω^)「ならいいお」

微笑みながら答えるしぃにブーンが納得していると、部屋からヘリカルの声が届く。

『とーちゃん、おせーお! 』

(*゚ー゚)「ほら、ヘリカルが待ってるわよ? その間にご飯の用意しておくから」

( ^ω^)「じゃあ、お嬢様のご機嫌でも取ってくるお」

そういって、ブーンは再びリビングを後にした。

618 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:04:20.15 ID:GMYVJWfZ0
( ^ω^)「ヘリカルお待たせだお」

*(‘‘)*「とーちゃん、おんなのこをまたせるのはどうかとおもうお! 」

(;^ω^)「へ、ヘリカル、何言ってるお」

*(‘‘)*「このあいだ、つんちゃんとままとあそびにいったとき、
     とーちゃんはむかしから、じかんにだらしないおとこだったって
     つんちゃんがいってたお」

(;^ω^)「ほ、ほかには何か言ってたかお? 」

*(‘‘)*「んっとね。そしたらままが『ぷろぽーずもまたされたしね』って、
     いってわらってたお」

(;^ω^)「……」

*(‘‘)*「そしたらつんちゃんも『それだけは、うちのほうがひどいわよ』っていってたお」

娘の無邪気な言葉にブーンの疲労は吹っ飛ぶどころか倍増した。

*(‘‘)*「とーちゃん。いいから、はやくほんよめお! 」

そんなブーンのことなどお構いなしにヘリカルはブーンを急かした。

(;^ω^)「お? じゃあ読むお。『昔々、ある所に……』 」

620 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:06:20.92 ID:GMYVJWfZ0
( ^ω^)「『幸せに暮らしましたとさ。 めでたし、めでたし』……お? 」

*(- -)*「すぴー……すぴー」

ブーンが本を読み終えたときにはすでに娘は寝息を立てていた。

( ^ω^)「やれやれ、少しは大人になったのかと思ったら、まだまだ可愛いもんだお」

娘のあどけない寝顔にブーンは疲れが癒されたような気がした。

*(- -)*「……とーちゃん、まま、だいすきだお」

( ^ω^)「……ヘリカル、とーちゃんも大好きだお」









ブーンはしばらく娘の頭を撫でたあと、娘の部屋を後にした。


623 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:07:49.08 ID:GMYVJWfZ0
( ^ω^)「お? 今日は肉じゃがかお」

リビングに戻ってきたブーンは
キッチンから漂う香ばしい香りを楽しむように食卓につく。

(*゚ー゚)「ヘリカルは、もう寝たの? 」

( ^ω^)「寝たお。相変わらず寝つきがいいお」

(*゚ー゚)「ふふ、あなたそっくりね」

しぃは肉じゃがを小鉢に盛り付けるとブーンの前に置き、
サラダ、焼き魚など他の料理をテーブルに並べた後、冷蔵庫からビールを取り出す。

(*゚ー゚)「あなた、少し飲まない? 」

( ^ω^)「お? しぃから言い出すとはめずらしいお」

(*゚ー゚)「今日はいいお知らせがあるのよ」

そういって、一通の封筒をブーンに手渡した。





624 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:09:12.01 ID:GMYVJWfZ0
~ 二ヵ月後 ~

―6月某日―

*(‘‘)*「お~、すげーお」

初めて見る教会にヘリカルは感嘆の声を上げる。

*(‘‘)*「とーちゃん、はやくするお! 」

(;^ω^)「ヘリカル、そんなに走ったら危ないお! 」

*(‘‘)*「だいじょうぶだお~」

ヘリカルは走りながらそう答えると、前方にいた人物に衝突した。

*(‘‘)*「いたっ! 」

その声に衝突された人物がやさしく声をかける。








ξ゚⊿゚)ξ「あら、ヘリカルちゃん。大丈夫?」

それはウェディングドレスに身を包んだツンだった。

628 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:10:16.34 ID:GMYVJWfZ0
*(‘‘)*「お~。つんちゃんきれーだお」

ξ゚ー゚)ξ「ふふ、ありがと。ヘリカルちゃんも、綺麗なお洋服着て可愛いわよ」

*(‘‘)*「おねーさんみたい?」

ξ゚ー゚)ξ「もちろん」

ツンがヘリカルと楽しそうに話していると後ろからしぃが声をかける。

(*゚ー゚)「ツンちゃん、今日はおめでとう」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、しぃ。ありがと」

(*゚ー゚)「ようやくだね」

ξ゚⊿゚)ξ「ホントよ。こんなに待たされるとは思わなかったわ」

しぃの言葉に同調するようにツンがうなずくとそこに、ブーンが割ってはいる。

( ^ω^)「ツンだって一年半待たせたじゃないかお」

ξ゚⊿゚)ξ「だからって、大学卒業から8年は待たせすぎだと思わない? もうすぐ三十路よ? 」

632 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:11:48.74 ID:GMYVJWfZ0
3人がそんなことを話し込んでいるともう一人の主役が現れた。

('A`)「おう、おめーら何の話だ」

*(‘‘)*「おー、どくにぃもきょうは、かっこいいおー」

('A`)「おう、ヘリカル。『今日は』じゃなくて『今日も』かっこいいの間違いだろ? 」

*(‘‘)*「んーん。いつもはそうでもないお。
     なんで、つんちゃんみたいにきれーなひとの、かれしなのかふしぎだお」

('A`;)「……おい、ブーン、しぃ。てめーら娘にどんな教育してんだ? 」

ヘリカルの無邪気な言葉にドクオが三人の方に向き直ると、三人とも笑いを堪えていた。

( ^ω^)「ぷぷぷぷ。べ、別に変なことは教えてないお」

(*゚ー゚)「素直な子になるようにとは、いつも思ってるけどねー」

ξ゚⊿゚)ξ「親の期待通り素直ないい子に育ってるわね」

('A`;)「……」

付き合いの長い友人に止めを刺されてドクオが落ち込んでいる姿を
ヘリカルは不思議そうに眺めていた。

636 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:13:39.66 ID:GMYVJWfZ0
そのヘリカルにツンが話しかける。

ξ゚ー゚)ξ「そうねー、ヘリカルちゃんにはまだ分からないかもね」

*(‘‘)*「つんちゃん、なにがだおー? 」

ξ゚ー゚)ξ「好きって気持ちはね、見た目じゃないのよ」

*(‘‘)*「よくわかんないお~? 」

ツンの言葉にヘリカルはちょこんと首を傾げる。

ξ゚⊿゚)ξ「んー。ちょっと難しかったかもね。
      ……じゃあ、ヘリカルちゃんは、ママの事を綺麗だと思う? 」

*(‘‘)*「うん! ままはいつもきれいだから、へりかるのじまんのままだお! 」

(*゚ー゚)「あら、ありがとー。ヘリカル」

元気よくうなずくヘリカルの頭をしぃが撫でると、ヘリカルはニコニコと笑顔を浮かべる。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、お父さんの事はかっこいいと思う? 」

(*^ω^)(そんなの『かっこいいお! おおきくなったら、
       とーちゃんのおよめさんになるお!』って言うに決まってるお)

ブーンがそんなことを考えていると、ヘリカルは元気よく即答した。

637 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:14:40.65 ID:GMYVJWfZ0
*(‘‘)*「んーん。とーちゃんはでぶだし、どくにぃよりかっこわるいお! 」

Σ(;゚ω゚)「なんですとぉ!! 」

愛娘の素直な言葉はブーンの胸を貫いた。

(*゚ー゚)「あらあら、ヘリカルったらいつまでも子供かと思ってたのに、見るところは見てるのねー」

娘の意外な一言に楽しそうに笑うしぃ。

('A`)「素直な娘に育ってよかったな。とーちゃん」

同情するようにブーンの肩を叩くドクオ。

( ;ω;)「とーちゃんはこれから、何を楽しみに生きていけばいいんだお? 」

そして、この世の絶望をすべて受け止めたように、肩をがっくりと落とすブーン。

その様子を楽しそうに眺めながら、ツンはさらにヘリカルに話を続ける。

ξ゚ー゚)ξ「それでも、ママはお父さんの事、大好きなのよ」

*(‘‘)*「ままー、そうなのかお? 」

(*゚ー゚)「うん、そうだよー。ママはとーちゃんもヘリカルも大好きだよ。ヘリカルは? 」

*(‘‘)*「へりかるもー! へりかるも、ままもとーちゃんもだいすきだお!! 」

しぃが優しく問いかけると、ヘリカルは元気いっぱいに答えた。

639 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:16:42.05 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「ホントに、素直な娘に育ってよかったな。とーちゃん」

( ;ω;)「おっおっおっ、この言葉は、父親冥利に尽きるってもんだお」

愛娘の言葉にブーンが喜びをかみ締めていると、クーが4人に声をかける。

川 ゚ -゚)「お前たち、雑談はそれくらいにして、そろそろ式を始めるぞ」


…………

………

……






640 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:18:07.30 ID:GMYVJWfZ0
―同日・PM11:53―



ξ゚⊿゚)ξ「あんたさぁ、今夜が結婚初夜だってわかってるの? 」

('A`;)「わかってるよ。だからそんなに怒るなよ」

ツンの言葉にドクオは少しうろたえながら答える。

ξ゚⊿゚)ξ「別に、怒ってないけど……他にやることあるんじゃないの? 」

('A`)「まぁ、世間一般的にはそうなんだろうけどさ。それよりどうしても優先したいことだったんだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタって顔に似合わずロマンチストねー」

('A`)「……いやか? 」

先ほどから文句を言うツンの態度に、不安になったドクオは立ち止まると
一歩先で振り返るツンを真正面から見据えて問いかけた。

ξ゚ー゚)ξ「……嫌なわけないでしょ。ここは私にとってもお気に入りの場所なんだから」

('A`)「それは、よかった」

ツンが笑顔で答えたのを見て、ドクオは安心したようにまた歩き始める。

ξ゚ー゚)ξ「それに、私たちの始まりの場所でもあるしね」

('A`)「そうだな」


644 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:19:36.45 ID:GMYVJWfZ0





手をつなぎ、二人でゆっくりと踏みしめるように階段を上る。







やがて最後の段にたどり着き、視線を上げると……







満天の星空と煌々と輝く月と漆黒の海、そして優しく吹き抜ける海風が、
二人を祝福するように出迎えた。




ξ゚ー゚)ξ「……いつ来ても綺麗ね」

('A`)「……ああ」

646 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:20:56.62 ID:GMYVJWfZ0
二人が来たのは美府岬。

二人にとって過去との決別を決意した場所であり





そして、共に未来へ歩むことを決めた場所だった。











ξ゚⊿゚)ξ「もう、あれから12年も経つんだね」

ドクオの隣で手すりに手をかけて海を眺めていたツンが、不意に口を開く。

('A`)「……そうだな。正直、あの時はこんなに続くなんて思ってなかったがな」

いつのも様に缶コーヒーを飲みながらドクオはぶっきらぼうに答える。

647 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:22:33.08 ID:GMYVJWfZ0
ξ゚⊿゚)ξ「あら、なんで? 」

そんなドクオに不思議そうにツンは聞き返す。

('A`)「……んー、モテナイ男の自虐思考かな。そのうち振られるんじゃねーかって思ってた」

ツンの言葉に少し考えてから答えると、空になった缶コーヒーをゴミ箱に向かって投げる。
放物線を描きながら宙を舞う空き缶は、カランという音と共にゴミ箱に吸い込まれた。

ξ゚⊿゚)ξ「アンタ、馬鹿じゃない? 」

そんなドクオの言葉を聞いたツンはあきれたように口を開いた。

ξ////)ξ「あ、アンタよりいい男なんてそうそう居ないわよ」

そこまで言ってツンは顔を真っ赤にすると俯いた。

651 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:24:05.72 ID:GMYVJWfZ0
その様子を見て今度はドクオがあきれたように口を開く。

('A`)「いい歳してそんなセリフくらいで赤くなるなよ。もう30だr……」

その瞬間ドクオの鳩尾に、お手本のように綺麗なクー直伝のボディブローがめり込んだ。

(゚A゚;)「はぐぅ! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「まだ29だ! 」

('A`;)「……本当に申し訳ありませんでした」

ξ#゚⊿゚)ξ「あーあ! アンタのせいで雰囲気台無し! 」

肩を怒らせて顔を背けると、また海のほうに視線を向けた。

('A`;)(29の怒り方じゃねーな。ホント、こういうときだけはガキなんだから)

ドクオは、まだズキズキと痛む鳩尾をさすりながらツンの後ろに立つと

('A`)(ったく、しょーがねーな)

雪のように白い首に腕を回す。

ξ////)ξ「ちょ、ドクオ! いきなり、なによ! 」

('A`)「ツン、そう怒るなよ」

暴れるツンの耳元でドクオは優しくつぶやく。

654 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:26:04.14 ID:GMYVJWfZ0
ξ////)ξ「……べ、別に怒ってないわよ」

ドクオの言葉にツンは急におとなしくなった。

二人の間に心地よい沈黙の空気が漂う。

('A`)「なぁ、ツン」

吹き抜けていく海風に溶けるような穏やかなドクオの声がツンの耳に届く。

ξ////)ξ「なに? 」

('A`)「安っぽいセリフだけど……俺、今すっげー幸せだわ」

そういってドクオはツンを抱く腕の力を少し強める。

ξ゚ー゚)ξ「…………私もよ」

ツンはその腕を解きドクオに向き直ると優しく微笑む。

ξ゚ー゚)ξ「ドクオ」

今度はドクオを真正面から見据えたツンの透き通るような声がドクオに届く。

('A`)「なんだ? 」

ξ゚ー゚)ξ「これからも、ずっと一緒にいてね」

('∀`)「……ああ」

656 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:29:07.81 ID:GMYVJWfZ0
ツンはドクオの返事を聞いて安心したように、ドクオの胸に顔をうずめると、腕を背中に回した。

ξ-⊿-)ξ「ねー、ドクオ」

('A`)「なんだよ」

そんなツンをドクオはしっかりと抱きとめる。

ξ*-⊿-)ξ「幸せだね? 」

('A`)「ああ、そうだな」

そう口にしてお互いに少し腕の力を強くする。

ξ-⊿-)ξ「ねー、ドクオ」

('A`)「今度はなんだよ」

658 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:30:14.13 ID:GMYVJWfZ0
ξ-⊿-)ξ「もっと、ギュッてして」

('A`)「なにガキみたいなこと言ってんだよ」

ξ-⊿-)ξ「たまには、いいじゃない。恋する女は、いくつになっても乙女なのよ」

('A`)「はいはい、分かりましたよ。……お前、昔に比べてずいぶん弱くなったな」

ドクオは観念したように返事をすると、ツンをさらに強く抱きしめた。









ξ*-⊿-)ξ「……いいじゃない、好きな人の胸の中にいるときくらい」

('A`)「……そいつは光栄だ」

661 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:31:46.48 ID:GMYVJWfZ0



二人は満天の星空の下で





時折、響く波の音に耳を傾け





柔らかな海風に身を委ね





煌々と輝く月に見守られながら





一緒に居られる事の幸せをかみ締めるように



663 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 14:32:41.94 ID:GMYVJWfZ0





いつまでも抱き合っていた。







                 ~ Fin ~


664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/31(水) 14:33:08.06 ID:Nkqw5SDg0
乙!!!よくがんばったw

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/31(水) 14:34:13.61 ID:myK7f0MeO
超おつ! ツンとドクオが幸せになれてホントよかった!

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/31(水) 14:34:14.34 ID:KiB1axHlO
乙!!

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/31(水) 14:34:21.62 ID:q/Y4pUVm0
乙!本当に乙!

674 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/31(水) 14:34:39.71 ID:RCCIC5+QO
全俺No.1ヒット
>>1

[ 2007/10/31 16:40 ] VIP | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://vippre.blog117.fc2.com/tb.php/179-3a5cff10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。