VIPPRE ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです その6
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです その6

ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです




463 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:03:17.08 ID:GMYVJWfZ0
―7月20日(金曜日)―

―時刻・PM0:15―

( ^ω^)「1学期もようやくおわったおー」

HRを終え騒がしくなった教室でブーンは、大きく伸びをする。

(*゚ー゚)「ふふ、明日から夏休みだね」

帰り支度を済ませたしぃは、笑顔でブーンの席に寄って来た。

(*^ω^)「今年の夏はしぃもいるし、楽しい夏休みになりそうだお」

(*////)「そ、そうだね」

そんな会話をしていると、ドクオとツンも帰り支度を済ませてブーンの席まで来る。

('A`)「何、浮かれてんだ? おめーは」

ξ゚⊿゚)ξ「そーよ。アンタは勉強しなきゃいけないでしょうが」

(*^ω^)「勉強も、しぃと一緒なら楽しいお! 」

ドクオとツンの言葉も意に介さず、ブーンは浮かれたセリフを吐く。



ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです

466 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:04:41.32 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「はいはい。ご馳走さん」

ξ゚⊿゚)ξ「そのやる気が、成績に反映されればいいんだけどね」

('A`)「まったくだ」

(;^ω^)「ちょ、二人ともひどいお」

ドクオとツンの言葉にさすがのブーンも、浮かれっぱなしというわけにもいかず反論する。

ξ゚⊿゚)ξ「ひどいのはアンタの顔と成績でしょ? 」

( ;ω;)「おっおっおっ、成績はともかく顔は僕のせいじゃないお」

その反論もツンのクロスカウンターによって撃沈する。

いつもならここで、ツンの1R58秒TKO勝ちといったところだが、
最近は少しばかり様子が違う。









(#゚ー゚)「ツンちゃん、仮にも人の彼氏に顔がヒドイは、ないんじゃない? 」

以前に比べてしぃが少し積極的になっていた。


468 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:06:19.17 ID:GMYVJWfZ0
ξ゚⊿゚)ξ「まぁまぁ、そんなに怒らないの。ブーンの顔が悪いのは事実なんだからさ」

しぃの抗議を楽しむようにツンは更に煽る。

(#゚ー゚)「ツンちゃん、それじゃあ、私の趣味が悪いみたいじゃない」

ξ゚⊿゚)ξ「え? 悪いわよ? 」

(#゚ー゚)「もー! いくらツンちゃんでもその言葉は許されないよ! 」

しぃが本気で怒りかけたところでツンは、しぃに抱きついて頬ずりし始めた。

ξ*゚ー゚)ξ「しぃってばムキになっちゃて、ホント可愛いなぁ~」

(*////)「なっ! ツンちゃん、いきなり何するのー! 」

ξ*゚ー゚)ξ「えー、何ってハグ? 」

(*////)「何で疑問形なのよぅ~。ツンちゃん暑いから離してよー」

いきなりのツンの行動に、しぃは真っ赤になって手をバタバタさせる。

ξ*゚⊿゚)ξ「やーよ。しぃって抱き心地いいんだもん」

(*////)「にゃ~! 耳に息吹きかけないでよぅ~。くすぐったいー」

ξ*゚ー゚)ξ「あらあら、しぃは耳弱いのね~……噛んじゃえ♪ えい」

(*////)「あっ! そんな……やっ! 耳たぶを……んっ! 甘噛みしちゃ……ダメッ! 」


471 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:08:23.30 ID:GMYVJWfZ0
そんな百合畑に視線を向ける男二人は、何をしているのかというと。

(*^ω^)「……ハァハァ」

止めるべき彼氏は、彼女がおもちゃにされているにもかかわらず鼻息を荒くし、
理性をかなぐり捨てると欲望のままに傍観者に徹し

('A`)「……また、始まったよ」

止めるだけの冷静な判断力を持つ友人は、
何度も見てきた光景を止めることもせず、呆れて窓の外に視線を移す。





窓から見えるグラウンドでは、部活動に汗を流す運動部の姿が見えた。

('A`)(……明日から夏休みか)

後ろで繰り広げられている、百合の宴を無視してドクオはそんな事を考える。

('A`)(……せっかくバイク手に入れたんだし、一人で走りに行くのもいいな)

視線をグラウンドから空に移すと、
突き抜けるような水色の空と、力強い純白の入道雲のコントラストが視界に飛び込んできた。

('A`)(まぁ、バイトもあるし、こいつらと遊びたいし今年は無理かね? )

そう心の中で結論付けると、ドクオは百合の宴に視線を戻す。

473 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:10:21.64 ID:GMYVJWfZ0
宴はいつも通りのイベントを経由し、既に最終章である惨劇の宴に移行していた。

ξ#゚⊿゚)ξ「アンタは毎度毎度、鼻息荒くしてんじゃないわよ!! 」

(;^ω^)「そ、そんなこと無いお! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「なら、その股間のテントは何よ!! 」

(#゚ー゚)「ブーン、最低! 彼氏なら止めてよ」

(;^ω^)「こ、これは生理現象だお。自分の意思で止められる物じゃないお」

(#////)「ばか! そ、それじゃないよ! ツンちゃんを止めてって事!! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「このセクハラ部長!! 」

ここでツンお得意の右フックが炸裂する。

( ゚ω(#)「ぷおっ!! 」

ツンの右フックを終了の合図にドクオが間に入る。

('A`)「おめーら、この暑っ苦しい中暴れんなよ」

(;゚ー゚)「ドックンそう思うなら、ツンちゃんが抱きついたところで止めてよ……」

('A`)「いや、しぃも嫌がってなかったみたいだし? 」

(;////)「……そんな事、無いもん」

474 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:12:10.60 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「……それより、あれ止めなくていいのか? そろそろ、ブーンが大変なことになるぞ」

(*゚ー゚)「え? 」

ドクオの言葉にしぃが振り返ると、既にブーンが大変なことになっていた。

ξ#゚⊿゚)ξ「おらぁ!! 左の頬を殴られたら右の頬を差し出さんかい!!! 」

(#)ω(#)「しゅ、しゅでにみびどぼぼぼ、にゃぐだででどぅぼ」
        【訳:す、既に右の頬も、殴られてるお】

倒れたブーンに馬乗りになったツンが左手で胸倉を掴み
右フックと裏拳の往復ビンタを繰り出していた。

ξ#゚⊿゚)ξ「やかましゃあーー!! そしたら、次はもう一度左の頬を差し出せ!! 」

(メ#)ω(#メ)「ぶででぃ、でょぶぼぶどぼぶだげだばだぐだででどぅぼ」
          【訳:既に、両方共二桁は殴られてるお】

ξ#゚⊿゚)ξ「何言ってるかわからんわーーー!! 」

(メ#)ω(#メ)「ぶぼでうぶぼぼ」
          【翻訳不能】

(;゚ー゚)「ツンちゃん!! ストップ、ストップ!! 」

慌ててしぃが止めに入ると、ようやくツンの拳の往復運動が止まる。

ξ#゚⊿゚)ξ「なによ、動物の調教は分かるまで叩き込むのが常識よ」


476 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:14:52.48 ID:GMYVJWfZ0
(;゚ー゚)「既に聞こえてないよ? 」

しぃがブーンを指差すとツンとドクオはその指の先に視線を向ける。

(メ#)ω(#メ)「……」

そこには傷だらけの血達磨が転がってた。

('A`)「あれ? 俺言うの遅かったか? 」

ドクオは机に転がってたボールペンを手に取ると血達磨をつつく。

(メ#)ω(#メ)「……」

('A`)「つついても反応ねーな」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、あらやだ。やりすぎた? 」

(;゚ー゚)「ブーン! 大丈夫?! 」

倒れてる血達磨の脇に屈んでしぃが話しかけると、かすかに顔らしき物がしぃの方に向く。

(メ#)ω(#メ)「……白と……水……色の……かお? 」

ξ゚⊿゚)ξ「気が付いたのかしら? 」

('A`)「あん? 白と水色? 空か? 」

ドクオはしぃの後方の空を見上げる。
さっき見たとおり、水色と白のコントラストが美しい夏の空が見えた。

477 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:16:34.22 ID:GMYVJWfZ0
(;゚ー゚)「ねぇ、ブーン! 大丈夫?! 」

気が付いたものの、意味不明なうわごとを繰り返すブーンにしぃはさらに呼びかける。

('A`)「白に水色? 何言ってんだかわからんな……ん? 」

ブーンのうわごとを何とか翻訳しようと、頭をひねるドクオがあることに気が付く。

('A`)(ブーンの視線、やたら低いな。アレじゃ外なんか見えないはず)

元よりツンに殴られた瞼では、それほど視界は広くないはずだった。

(メ#)ω(#メ)「……ストラ……」

よく見るとブーンの口元が緩んでいるようにも見える。

('A`)「んーーーー??? 」

そのままドクオは視線を下にずらしていくと、全ての答えを発見した。

('A`)(ああ、なるほどね)







視線の先では父親より先に体を起こしたムスコが、テント生活を再開していた。


479 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:19:07.67 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「しぃ。ブーンにスカートの中、覗かれてるぞ」

Σ(メ#)ω(#メ;)(ちょ、ドクオ! 裏切りやがったお!!! )

(;////)「うそ!! 」

ドクオの忠告にしぃは、慌てて立ち上がるとスカートを押さえる。

('A`)「これが証拠」

そういってドクオはブーンの股間を指差した。

ξ#゚⊿゚)ξ「この色欲魔がぁーー!!! 」

その言葉に一番早く反応したのはツンだった。

(メ#)*(#メ)「ぶふぅ!!! 」

ツンの拳は氷柱でも割るかのごとく、真っ直ぐにブーンの人中に振り落とされた。

(#////)「ブーン最低!! 」

ξ#゚⊿゚)ξ「このド変態!!! 」

そういい捨ててツンとしぃは教室を出て行った。


481 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:21:07.72 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「おーい、生きてるかー? 」

(メ#)ω(#メ)「……ドクオが余計な事を言わなければ、まだマシだったお」

ドクオの呼びかけに血達磨……もとい、ブーンが体を起こさずに答える。

('A`)「本能に忠実に生きてるからそういう目にあうんだ。少しは調教されたほうがいい」

(メ#)ω(#メ)「このままだと、僕はMに目覚めそうだお」

('A`)「よかったじゃねぇか。しぃはツンの影響でそのうちSに目覚めるぞ」

(メ#)ω(#メ)「その前にレズに目覚めないかが心配だお」

('A`)「なら、もう少し考えて行動するんだな」

(メ#)ω(#メ)「しぃはかわいいから、ライバルはクラスの男全員だと思ってたのに、
          最大のライバルが、幼馴染の女の子ってのは考えもんだお」

('A`)「ツンがレズに目覚めたのは、お前が振ったせいだがな」

ドクオは近くの椅子に腰掛けクククと堪えた笑いを漏らす。

(メ#)ω(#メ)「おっ! 」

ブーンは独特の掛け声とともに立ち上がると自分の席に腰掛ける。

482 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:23:24.09 ID:GMYVJWfZ0
(;^ω^)「皮肉にしては厳しい意見だお」

('A`)「別に皮肉を言ったつもりはねーさ」

(;^ω^)「皮肉でなければなおの事、厳しいお」

そういってブーンはバッグからペットボトルのお茶を取り出し一口飲む。

('A`)「でもまぁ、よかったな」

頬杖をつき窓の外を眺めながら、ドクオがポツリと呟く。

( ^ω^)「なにがよかっただお。僕は死に掛けたお」

('A`)「そうじゃねーよ、馬鹿」

ドクオは真顔で抜けたことを言うブーンに向き直ると、まじめな顔で言葉を続ける。

('A`)「お前らの仲がうまくいってよかったなって事だよ」

アレから一ヶ月。四人の仲は特に大きな問題も無く順風満帆といえる。

そんな意味から出たドクオの言葉だったが、意外なことにブーンがそれを否定した。

(;^ω^)「……そうでも無いと思うお」


485 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:25:28.90 ID:GMYVJWfZ0
('A`)「あ? お前、ツンにしぃを取られる心配でもしてんの?
    馬鹿だな、冗談に決まってるだろ」

(;^ω^)「そうじゃないお。……なんていうか、ツンの様子がおかしくないかお? 」

('A`)「どこが? ……テンションが若干高いが、夏休みが近いから浮かれてんだろ」

(;^ω^)「そうじゃなくて、なんて言ったらいいか分からないんだお」

('A`)「……心配しすぎだ」

ドクオがそう呟いたところでブーンの携帯が鳴った。

( ^ω^)「……お、しぃからメールだお」

【昇降口で待ってるから早くおいでよ♪ これから4人でカラオケ行くんでしょ】

( ^ω^)「しぃとツンが昇降口に居るから、早く来いって言ってるお」

そういって、ブーンはカバンを持ち立ち上がる。

('A`)「……じゃあ、行くか」

そういってドクオも立ち上がり、二人は教室を後にする。

('A`)(……まさかな)

ドクオの心に一抹の不安を残し、一学期最後の日は終業を迎えた。


487 : ◆DyhKUHe1jM :2007/10/31(水) 12:27:16.62 ID:GMYVJWfZ0








この不安が的中するのは一ヵ月後。
夏休みも残り少なくなった八月の後半の事だった。










[ 2007/10/31 16:37 ] VIP | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://vippre.blog117.fc2.com/tb.php/177-5b763b27


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。