VIPPRE エロ本が姉にみつかった
FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エロ本が姉にみつかった

エロ本が姉にみつかった

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:11:57.74 ID:YUj9GGMA0
俺は必死で言い訳をした
俺「ちがうんだよこれは・・・その・・・
  知り合いから預かってて・・・」
しかし姉は
姉「大丈夫、お父さんには言わないよ」
よかったーー!!たすかったーーーー!!
姉貴~~!!!さんきゅーー!!
その時だった!!
姉「その代わり私の言う事きいてくれる?」

悪夢のスタートだ




エロ本が姉にみつかった


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:12:29.05 ID:cA+kSdMg0
ん?腹筋・・・

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:14:10.92 ID:YUj9GGMA0
俺「わかった!言う事聞くよ
  それでなんだ?」
姉「じゃー私と・・・Hしてくれる?」
衝撃がはしった!!
真面目でやさしい姉貴が、まさかこんなこと言うとは!!
俺はどうしたらいいんだ!!姉貴はマジな顔をしている


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:16:34.74 ID:1Xy+W0wo0



腹筋しなくていいのか?教えてエロイ人!




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:16:56.66 ID:YUj9GGMA0
姉「言う事聞いてくれるんだよね、お姉ちゃんじゃだめ?」
俺は言葉がでなかった、俺はこれからどなるんだという
不安と期待で頭が混乱していた
俺「で・・でもさ・姉と弟だぜ、やっぱまずいよ」
すると
姉「お姉ちゃんだって・・・一人の女性だよ」
俺「!!!!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:19:27.60 ID:YUj9GGMA0
すると姉は俺に近寄ってきて、そして俺にキスをした
俺「!!!!」
姉「ん・・・」
キスをされた瞬間体中に電気が走った
痺れるような熱い感覚が
姉の唇はすごく柔らかかった
俺は理性を失い、姉の言われるままになった


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:23:12.65 ID:YUj9GGMA0
姉「うふ・・かわいい」
俺「あ・・あね・・き」
姉「お姉ちゃんがいっぱい気持ちよくしてあげる」
そういうと姉は俺のベルトに手をかけ手馴れた手つきで
あっさりベルトをはずした
そしてズボン、トランクスとするする脱がされあっという間に
下半身真っ裸のされた
姉「へぇ~・・・いいもんもってるじゃん」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:26:00.32 ID:0AmH3J3vO
いいもんもってるじゃんwwwwwww

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:27:14.53 ID:YUj9GGMA0
俺「ちょ!ちょっとまって!!それだけは・・」
姉「うふふ・・・」
うっすら笑ったと思うと姉はそそくさに俺の肉棒をいやらしい
舌使いで責めてきた
俺「う・・・ぐ・・・」
姉「気持ちいい?」
俺は頭の中が真っ白になってきた
姉がこんなにすごいテクニックをもっていたなんて
俺「う・・は・・・」
姉「次は・・・こうしちゃお」
そういうと今度は俺の大きく反り立ったイチモツを
口にほうばりはじめた


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:30:21.71 ID:YUj9GGMA0
姉「ン・・クチュ・・・チュパ・・」
こんなにいやらしい姉を見たのは生まれてはじめてだった
俺「うあ・・・」
やばい!俺の奥底から何かがあふれ出そうだ
すごく熱くていやらしいものが!!
姉「ふむ・・ん・・チュ・・はぅ・・」
俺「姉貴・・やばいでそう・・・」
姉「いいよ・・・熱いの出して・・・」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:32:06.85 ID:3wrW8UtqO
候なのは展開だけじゃないんだな

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:32:59.49 ID:YUj9GGMA0
俺「うあ!!」
ドピュ!!
俺は出してしまった。姉貴のテクニックにいってしまったのだ
俺が姉貴としてしまった・・・もうもどれない・・
姉の顔には俺の精子がびっとりと付いている
俺「あ~!!姉貴ごめんよ」
姉「大丈夫・・・うふ・・おいしい」
テッシュで顔を拭き終わった姉
すると
姉「ねぇ・・・私の服・・脱がせて」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:33:40.53 ID:GQZRWgWI0
そういえば中学生のときはどんな小説でも抜けた

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:35:24.98 ID:zXLWKUQt0
>>97
あるあるwwwww
ちょっと薄いものの方がチンコにフィットギャザーなんだよな
厚すぎると扱いにくくてな・・・


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:36:24.41 ID:9DycCzV50
>>100 使い方間違ってね?wwwww <br>
109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:42:48.19 ID:3wrW8UtqO
>>100
使い捨てられた小説哀れだなw

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:37:51.88 ID:YUj9GGMA0
俺「・・・うん」
俺は姉の服に手をかけ、そしてゆっくりと
脱がし始めた。姉のブラジャーのフックに手をかけ
ブラジャーを外す。目の前には大きくいやらしい胸が
あった。
姉「ほら・・・触って」
俺は姉の胸を掴むとやさしくそしてかき回すように
揉み解した
姉「ん・・あは・・・あん・・」
姉は感じている、それと同時に姉のきれいなピンク色をした
乳首が立ってきた
姉「あん・・ねぇ・・・ん・・・おっぱい・・なめて」
俺は言われるがまま
姉の胸にむしゃぶりついた


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:40:24.03 ID:YUj9GGMA0
姉「あ・・ん・・いい!もっと・・」
姉はいやらしく喘いでいた
俺の耳に時々いやらしい息遣いがくる
俺はさらに激しく、姉の胸を責めた
姉「ん!・・うあ!あ・・あん!」
姉が喘ぐたびに俺の理性がどんどん失われていく
俺「姉貴・・下も脱がしていい?」
姉「はぁ・・はぁ・・いいよ・・」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:43:56.76 ID:YUj9GGMA0
姉のスカートに手をかけ、下へと導いた
そして姉のパンティーに手をかけた時
姉「ねぇ・・ベットいこ」
俺「・・うん」
俺は姉貴とベットにいき、そして
姉のパンティーを脱がした。パンティーの下から
愛液をたらしヒクヒクとしている秘部があった
俺「姉貴のここ・・・すごくいやらしい」
姉「さわって・・いいよ」
いわれるがまま秘部に手をかけ
ゆっくりと秘部の中に指を入れた


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:47:19.47 ID:YUj9GGMA0
姉「あん!!・・・あ・・くっ・・」
すごい・・指を動かすたびにいやらしい液が垂れてくる
熱くて俺の指が溶けてしまいそうだ
俺「姉貴・・・きもちいいか?」
姉「うん・・・あ!・・きもち・・んく・・いいよ」
俺「姉貴・・・俺もう・・我慢できないよ・・」
姉「入れたいの?・・・」
俺「うん・・・」
俺の理性は完全に崩壊していた


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:50:21.90 ID:YUj9GGMA0
姉「入れて・・・」
姉はすんなりと俺を受け入れてくれるみたいだ
俺は反り立った今にも爆発しそうな肉棒を
姉貴の秘部の中に挿入した。
姉「あ~ん!!あ・・・んく・・うあん・・・」
俺「く・・・」
すごく気持ちいい、姉の中がこんなに気持ちのよいものだとは
しらなかった。ダメだ。動くたんびに理性が壊れてくる
もっとしたい、姉貴の中めちゃくちゃにしたい


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:53:29.03 ID:YUj9GGMA0
俺「姉貴・・・俺・・姉貴が・・・」
姉「あん!・・・う・・あ・・好き?・・んあ!!」
俺「姉貴が・・く・・好きだ・・」
姉「あ・・わ・・私も・・あく!!す・好き・・・」
俺はもう姉貴を一人の女性として見ていた
もう姉貴じゃない、彼女は一人の女性だ
俺はこの子を好きになる。その思いをぶつけるかように
無我夢中で腰を振り続けた
姉の中からはいやらしい液が溢れ出してくる


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 16:57:04.79 ID:YUj9GGMA0
俺「んく・・姉貴・・・いきそう・・」
姉「あん・・私も・・ん・・いきそう・・」
俺はまたイチモツの奥底から噴出そうとしている
熱い汁を出そうとしていた。すると
姉「んふ・・中に・・んく・・だし・・あ!・・だして」
ダメだ!!もう完璧に俺の理性は狂った
姉の中に出していいのか!俺は・・・
俺「姉貴!!!」
姉「あ~ん!!いっちゃう~~~!!」
ドピュ!!・・ドクドク
俺は姉の中に放出してしまった


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 17:00:40.50 ID:YUj9GGMA0
姉「あ・・熱い・・す・・あ・・すごい」
俺「はぁ・・はぁ・・姉貴」
姉貴の中で俺の精子と姉貴の愛液が混ざり合っていた
俺は姉貴が好きになってしまった
俺「姉貴・・好きだ・・」
姉「私も・・好き・・」
姉貴の中からドクドクと混ざり合った液が垂れてきた
俺は姉貴と一線を超えてしまった
姉貴はもう姉じゃない、一人の女性であり
俺の恋人、もう逃げられない禁断の愛へと俺達は
歩き出した

END


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/10/16(火) 17:02:47.59 ID:YUj9GGMA0
さぁ~みんなで歌おうじゃないか!!
1 一発で~も妊娠
2 二本で~も3P
3 さわる~ぞシンボル
4 縛り~はゴメン
5 極楽~の69
6 難し~いナンパ
7 泣いて~もヤリマン
8 ハッとす~るクリトリス
9 クンニ~でジュ~ス
10 ジュンとす~る陰部



[ 2007/10/16 17:22 ] VIP | TB(0) | CM(15)



なにこのゴミスレ
[ 2007/10/16 18:02 ] [ 編集 ]

勃起した俺に謝れ
[ 2007/10/16 18:05 ] [ 編集 ]

安っぽい同人誌じゃねーか
[ 2007/10/16 18:36 ] [ 編集 ]

意味もなく腹筋した俺に謝れ
[ 2007/10/16 18:37 ] [ 編集 ]

オチに期待していたというのに
[ 2007/10/16 18:43 ] [ 編集 ]

え?オチは?
[ 2007/10/16 19:44 ] [ 編集 ]

ノノノノノ
( ○○)
  (||||) <俺をだせよ
[ 2007/10/16 19:47 ] [ 編集 ]

↑それは軽々しく使っていいもんじゃない
[ 2007/10/16 22:39 ] [ 編集 ]

これはいい釣り
で、オチは?
[ 2007/10/16 23:35 ] [ 編集 ]

なんなんだこれwww
[ 2007/10/17 00:40 ] [ 編集 ]

>100のためのスレ
[ 2007/10/17 01:10 ] [ 編集 ]

随分と現実味のない釣りだな。
[ 2007/10/17 01:18 ] [ 編集 ]

参ったな・・・この手の釣りは痛い
[ 2007/10/17 02:37 ] [ 編集 ]

かなり・・・まいったぜ。
[ 2007/11/09 17:07 ] [ 編集 ]

そういえば、男の人って中学生の頃から自慰行為するの?
今度友達に聞いてみようかなw
[ 2007/11/18 14:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://vippre.blog117.fc2.com/tb.php/144-89ea138e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。